クロミッドで出産間近!不妊治療から妊娠へ

クロミッドで出産間近!不妊治療から妊娠へ

不妊症は症候群

不妊症とは、夫婦ともに妊娠を望み、避妊せずにセックスを行っているが、1年以上妊娠をしない事を指します。
多くの人は避妊せずにセックスをしていると、半年内に70パーセント、1年以内には90パーセントの方が妊娠すると言われています。
不妊症は病気というよりは症候群であり、原因も関係なく、理由なく症状がでる人の事を言ます。
精子や卵子に何かしらの異常があるわけでもないのに受精できない場合もあります。
現在の医学では、はっきりと原因がわかっていない分野でもあります。
なので不妊症の場合は、理由がどんなものであっても子供ができない人のことをいい、女性側だけでなく、男性の側に原因がある場合もあります。
不妊治療を行う場合もありますが、治療には高額な医療費の負担が必要となり、治療を行ったからといって必ず妊娠するわけでもなく、高額な医療費のために途中で諦めてしまう人もいます。
治療方法には治療費順に人工授精や、体外受精、顕微授精などがあります。
高度な治療になればなるほど、治療費もあがりますが、妊娠する確率は高くても30~45パーセント程度のものとなっています。
高額な医療費の負担をする前に、まずはじめにクスリを使って治療していくことをおすすめします。
クロミッドというクスリです。
クロミッドとは排卵誘発薬であり、作用としては性腺刺激ホルモンという物質の分泌を増やしてくれる作用があり、卵胞が大きく育つことによって排卵ができるようになります。
また男性不妊症に応用されることがあり、男性の睾丸に作用し男性ホルモンの分泌を良くし、精子の形成を促進してくれる効果が期待できます。
副作用なども含めて、十分理解したうえで、使用してください。
気になる副作用ですが、比較的少ないとされていて、効果がありすぎると卵巣が腫れてしまう場合があります。
また、吐き気やほてり頭痛、倦怠感、イライラなどが症状として出る場合がありますので、注意してください。
クスリを使用したから、治療を行ったからといって必ず妊娠できるわけではありませんが、少しでも可能性を高めるためには必要な不妊治療になってきますので、妊娠を望んでいる方は試してみてください。
フェルトミッドというジェネリックもありますので、薬価が気になる方は、効果などがほとんど変わらず安く購入できる薬の海外通販を利用してみて下さい。

薬の海外通販はコチラ=クロミッド通販|副作用と服用方法を説明しています