妊娠する際に、男性にも適齢期があります。男性の高齢出産は、どんなリスクがあるか説明します。

クロミッドはコウノトリ

男性と女性の妊娠適齢期

男性と女性の妊娠適齢期

妊娠適齢期というものがあります。医療が進み、特に日本は寿命が延びましたが、それでも生殖年齢の限界を超える事はできないのです。女性の妊娠適齢期はよく言われますが、実は男性にもあるのをご存じでしょうか。

男女別に見ていきたいと思います。

女性の適齢期

医学的に見て、女性が妊娠が出来る年齢は、生理が始まってからと、閉経する10年前までとされています。多くの女性は51歳前後で閉経する為、妊娠可能な年齢は41歳前後とされています。ただし、閉経の時期には勿論個人差があるので、もっと早く妊娠が出来なくなる場合もあれば、42歳以上でも妊娠できるという場合もあります。

しかし、40代以降では自然妊娠の確率は極端に低く、母子ともに危険な可能性が高く、不妊治療をするにあたっても、莫大なお金と時間を費やす可能性が非常に高いです。女性が最も妊娠に適しているのは20代で、35歳以降になると一般的に高齢出産と言われます。

卵巣は他の臓器のように加齢によって老化し、機能が衰えていってしまいます。20代をピークにし、妊娠出来る可能性は低下していきます。

女性の適齢期
男性の適齢期

男性の場合、有名人などで50代60代でも子供を授かったというニュースがたびたびあります。この事から妊娠に男性の年齢は関係ないと思われ勝ちですが、実は日々作られる精子も老化していきます。老化によって生殖機能が低下し、精子の量や質が低下してしまい、結果的に妊娠しにくくなってしまいます。

それ以外にも、精子は遺伝子コードにおいて、一定程度のエラーが起こります。この確率が年齢とともにあがっていきますが、エラーが起こると、自閉症や発達障害のリスクがあがるというリスクがあります。また、父親の年齢が高いと、小児がん、うつ病発症の確率もあがり、流産の危険もあがります。20歳の男性の流産リスクが1だと、40歳で1.5倍、50歳で2倍と言われ、女性が20代でも男性が50歳だと、流産の確率はあがってしまいます。

男性の適齢期は20歳前後と言われていていますが、20代であればほぼ変わりはありません。30代になると変わり、男性の場合も、35歳を境に、精子の受精機能が低下する傾向があると言われています。